知ってました???

暑いですね~(>_<)

夏だから仕方がないと言えば・・・・そうなんですけど・・・・

年々暑くなってる。と思いませんか?
それと私?の辛抱もなくなってきているのかも・・・・



20060714091359.jpg


今日は・・・「ヒート」の話です。

今たらは「ヒート(発情中)」です。

初ヒートが去年の1歳の誕生日直前に普通に来ました。

そして2回目が年末大晦日に来ました。そして今回。。
周期とかは別に正常に来ています。

しかし・・・2回目のヒートがおかしかったんです。
何処が・・・と言われると・・・
ちょっと表現が汚いかもしれませんが、我慢してください_(_^_)_

年末に来た時は、下痢!!の様だったんです。
前日に牛のテール(骨)を与えていたのでそれで下痢!だと思ってたのが異常ヒートだったんです。
オシッコの様に茶褐色の出血はあるし、また、その臭いと言ったら。。。
何とも「くさい!!」異常にくさい。。。汚泥のよう(>_<)
もう何処の病院もお休みに入ってるし・・・
先生にも相談したんですが「元気で食欲もあって水を飲む量も普段通りだと様子を見れば・・」とのこと。元気だし、食欲もあるし、大晦日・お正月を挟んでる事もあり様子をみていると、3日頃には出血の色も茶褐色のくさい!ものから赤褐色?のいつもれいやアルで見ている色になってきました。

ところが訓練初めの5日に先生の前での出血が・・・血の塊だったんです。
急きょ、お出かけ訓練中の為先生の紹介で病院へ。。

診断は・・・「ヒート中だし、血液検査・おりもの検査をしても正確な数字は出てこないだろうし、触診しても異常は感じられないから様子を見てください。」

どうも心配なので 何かあったら駆け込む獣医さんへ
「今の状態だと診断のくだしようがない。おりもの検査ではヒートは終わってる感じだし」と言われました。
その時、獣医さんは「いずれ子供を産ますつもりなら早お目に1度交配した方が良いかもよ。なんなら次のヒートの時にでも。。」と言って犬のヒートの事を話してくださいました。

犬がヒートになると、子宮の内部に受精卵が着床しやすいように栄養豊富な膜=内膜が出来る。この時に交配しなければこの膜はそのままの状態で子宮内に残る。ヒートの度に内膜は1枚づつ重なっていく。
内膜が重なれば重なるほど子宮関係の病気を発症する可能性は多くなる。
時々子宮内を綺麗にリセットしてやればこれ以上の予防はない。
その唯一の方法が交配・妊娠・出産だというんです。

でも~~異常なヒートで交配して、もし子供が出来たら?って聞くと
「多分妊娠はしないし、途中で流産するだろう。正常で産まれたらその子は大丈夫。。」「交配するだけでもホルモンバランスとかが変わるから悪いようにはなりません。」って言われました。

えぇ~次?6月?7月?交配?
もし出来たら・・霧ヶ峰に行けない。。。
まだ大きな賞歴もないのに、子犬の行き先ある?

そんなこんなで迎えた今回のヒート。。お陰様でなんの異常も今のところ見あたりません。
ホッとしています。

毎回ドキドキしながらヒートをむかえるんだろうなぁ~って思ってます。

ちなみに正常はワンコの妊娠していない時の子宮の大きさは個体差はあるでしょうが、たら位だと「万年筆の太さ」と言われました。


私にはワンコの病気等に関する知識はほとんどといっても良いほどありません。
そんな私は「ヒート」の事を書いたんですから、もしかしたら間違ってる所もあるかもしれません。鵜呑みにしないで下さいね。

これだけは言っておきますから・・・(*^_^*)

昔から「雌犬を飼ったら1回はお産させた方が長生きする。」って聞いてたのはこんな事から?って思いました。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いずれ交配するなら早い目(若い内)に・・・というのは解るのですが、
(といってもシェパは年齢制限がありますけどね^^;)
獣医さんによっては一度子犬を産ます(個人的に「産ます」って言葉は嫌いなのですが^^;)と
蓄膿症になりにくいから是非繁殖しなさいって人もいるらしいです。
何でそんなに簡単に獣医さんはいえるんでしょうね。獣医さんこそ不幸な犬達を
増やさない為に安易な繁殖は避けるように言うのが普通だと思うのですが。
それに騙されて実際に知識ない人が安易に繁殖させて犠牲になってる子犬もいました。
一度繁殖させたらホルモンバランスが変わって蓄膿症や乳腺系統の病気になり難いと言うのは
昔の話で、今は犬もフードや生活習慣が変わってるせいでいくら出産経験があろうが
蓄膿や乳腺の腫瘍の確立が変わる事は無いそうです。なる子はなるって。
現に私の犬仲間で3回出産したシェパでも蓄膿と乳腺腫瘍を患ってる子がいます。
その安易に繁殖を勧める獣医がうちの近所で今散歩で会う人達の間でヤブ医者として
かなり悪い評判が広がっています。その原因として他の良心的な獣医さんは
去勢や避妊を勧めているからと言うのもあるんだと思いますが。

ロ-ザも2歳過ぎて最初の交配をしようとしてたヒートの時、
「あい交尾」と言うらしいですが、偽ヒートみたいなのがありました。
本当のヒートの2~3週間ほど前に、一週間ほど出血するんです。普通のヒートのように。
でも一週間でパタンと止まり皆「あれ?」とビックリしたものでした。笑
その偽ヒートは勿論正常な発情では無いので交配せず、約3週間後位に来た
本ヒートで交配しました。
その後暫くはやっぱりホルモンバランスを整えるサプリをあげてましたけどね^^

ロ-ザも去年、ストレスも掛かったせいでか、ヒート後も出血が長引き、
かなり心配しましたが先月だったかの次のヒートは無事正常に終ったらしいです。
やっぱりストレスとかも関係してくるんですね^^
たらちゃんも正常に戻ってよかったですね^^

今まで何度か繁殖してきた者として、私の個人的な意見です。
生意気な発言ゴメンナサイm(__)m

クーちゃん達の肉球♪プニプニ触りたい^^

うちの

ピクシーは避妊手術しているのでよくわからないのですが、
今後の参考になりました。
もし新しい子をむかえる場合、牡か牝か悩みますね。

ふぁるど母@chieさんへ

「生意気な発言?」いえいえ~貴重な意見です。
先日のchieさんのブログでのご意見もその通りだと思って拝見しました。

ただ「犬の発情について」聞いたことがなかったので、「はぁ~そういうものなのかぁ~」って知った次第です。
今のところたらの交配の予定はしていません。

私こそ知ったかぶりで書いてしまって申し訳ありませんでした。
これからも色々教えて下さいね。よろしくお願いします。

リティパパさんへ

「ヒート・交配・出産」という話は普通に会話にでつくるのに、その実詳しいことは知らなかったんです。
話を聞いて「なるほどねぇ~」と思ったんです。

この頃色々な話がわかってくると・・・・正直迷いますね。
今回のチビコギの事も含めてそう思います。

男の子・女の子!本当に悩む所ですね。
でもその悩みは楽しいワクワクする悩みですよね。しばらく楽しんでみるのもいいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。