韓国民族村

  0614民俗村

半日ツアー&ガイド付きで行ってきました。
ここは朝鮮王朝時代両班屋敷・農家などが再現展示してあり
韓国時代劇の「チャングム」「太陽を抱く月」「風の絵師」等のロケにも使われたところです。

    0614両班の家
両班屋敷 門が高いほど地位が高い!そうです。

  0614農家
  0614台所
農家と台所

  0614農作業
庶民の生活も再現されていて
牛を使っての農作業、スタッフも当時の衣装を着ています。
畑もあり ジャガイモ・サツマイモ・エゴマ・サンチュ・唐辛子などが栽培されていました。

  0614民俗村鍛冶屋
鍛冶屋では実際におじさんが作ってます。

  0614飴売り
飴売りのおじさん
手にもっているハサミは切る為ではなく客寄せ用だそうです。
飴は「小麦飴」だというので 買いましたが・・・
麦芽糖の飴のようで 素朴で美味しかったです。
飴が10cm位で柔らかかったので「切って?」というと
このハサミで叩いて切ってくれました。

  0614裁判所
裁判所
手前の椅子が「股割り」用で十字架のようなのが「尻たたき」
ここで実際やってみるのは 白人系と中国系の人が多いとか
「日本人は?」と聞くと 「あまり見ない」だそうでした。

農楽・馬術・綱渡り・ブランコ・両班の結婚式とうの実演があります。
  0614農楽
これは農楽。村々を回って五穀豊穣を祈るものだそうです。
見たのはこれだけ。
後は園内をくまなく回ってタイムアップ

  0614記念撮影
もぎりのお姉さん

  0614記念撮影1
民俗村から 仁寺洞の入り口でガイドのキムさんとお別れ

最後にキムさんに
「園内すいてたけど、これもMERSのせい?」と聞くと
「平日の午前中はこんなものです。」との返事が・・・・



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。