命拾い

いくらが昨日の夕方、ボールをノドにつめました。

一度は手をつっこんで取ろうとしましたが 無理ですぐ病院に行き取ってもらい
事なきを得ました。

1209いくら

つめたボールは洋ナシ型の洋ナシサイズの大きさ。
本当に「まさか・・・」の大きさで、お尻の方は軟式ボールくらいありました。

幸いなことに ボールの真ん中に穴があいていて まっすぐ挟まっていた事
時間が夕方で 病院が開いておる時間だった事
遊んでいた所が家から近く 病院までも近かった事
詰まった個所がノドの入り口だった事

等々 幸運な事が重なり いくらは助かりました。

でも 取る時に麻酔をかけたので
「気道が確保できないので 最悪窒息するかもしれない」とか
「緊急麻酔なので ショック症状が出るかもしれない」とか言われ
最悪な事も考えましたが・・・・
取れるとげんきんなもので「馬鹿が・・・馬鹿が・・・」と言う私がいました。

先生からは「本当に運が良かったね」と言われ
「取れたボール持って帰りますか?見たくないですよね~」
とか言われ
「こんな大きなボールを飲み込んだ馬鹿なシェパードがいた!!の物証にしてください」
と言っておいてきました。

今年になってお友達の大事なパートナーもボールをつめて亡くなりました。
この手の話はよく聞いていたはずなのに・・・
「まさか うちにはない話」と思っていただけに 本当にショックでした。

改めて 「ワンコの安全な遊び」を考えさせられました。

皆さん 注意しましょう。

当のいくらですが・・・
帰ってすぐの夕ご飯も完食。便も正常。
もう普通です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。